今こそウェブサイトを多言語化

SUGEEのウェブサイト多言語化サービス

アフターコロナ、リモートワーク、デジタルトランスフォーメーション…
ビジネスのデジタル化・グローバル化の転機に

“今” 多言語化が必要な3つの理由

1. 海外からのウェブサイト訪問者は増加中

多言語ウェブサイトが日本企業の主流に

デジタルでのマーケティング機会の急増に加え、B to B/ B to C を問わずビジネスのグローバル化が進んでいます。多言語サイトの保有は、今後ビジネススタンダードとなっていくことが予想されます。

%

の企業が海外展開を経験

在日外国人数

280万人突破

訪日外国人数

過去5年で200%

2. 多言語ウェブサイトが企業戦略の中核に

Society 5.0の進展とともにデジタルでの情報発信に重きが置かれる中、マーケティング・プロモーション・ブランディングなどあらゆる側面から企業戦略におけるウェブサイトの重要性は日増しに高まっています。そのため海外への市場展開や海外人材活用を進めるうえで、良質な多言語ウェブサイトの有無は貴社のブランディングに大きな影響を与えます。

3. コロナもグローバル化・デジタル化を後押し

コロナウイルスの影響で、デジタルトランスフォーメーションが急激に進展。

ビジネスのオンライン化・ボーダレス化が加速度的に進行。

コロナウイルスによる世界的パンデミックは、ビジネスの在り方を根本的に改革しています。中でもワークスタイルのリモート化や消費スタイルのオンライン化によって急速に進展するデジタルトランスフォーメーションの潮流を無視することはできません。各企業はこれまで以上にオンラインでの訴求力が問われるだけではなく、小さくなる地理的制約のなかで、海外企業とも競争しながら、いかに新たな消費者を掴むことができるかの分岐点に立たされていると言えます。

選べるプラン

基本プランをご紹介しております。詳しくは下記よりお問い合わせください。

ベーシックプラン(1番人気)

費用を抑えたい企業様向けの、 既存のウェブサイトのデザインを利用するシンプルなプランです。

日本語⇔英語、中国語 :10円~20円/語*
日本語⇔インドネシア語:15円~25円/語*
  • ネイティブ翻訳
  • デザイン調整
  • ウェブサイト統合
  • サーバー取得サポート

グローバルデザインプラン

多言語サイトを本格的に運用したい企業様向けの、多言語サイト用デザインを制作するプランです。

日本語⇔英語、中国語 :20円~30円/語*
日本語⇔インドネシア語:25円~35円/語*
  • ネイティブ翻訳
  • UI/ UXデザイン
  • ウェブページ制作
  • ウェブサイト統合
  • サーバー取得サポート
さらにできること
上記の基本プランの他に、下記のようなオプションも用意しております。下記他多言語化・開発に関することであればご相談承りますので、詳細はお気軽にお問い合わせください。
多言語ウェブサイトカスタマーサポート 多言語ウェブサイト制作後のお問い合わせ対応等のカスタマーサポートをアウトソース頂けます。
多言語CMS開発 貴社多言語サイト専用の管理システムを制作致します。更新頻度の高いコーポレートサイトやウェブサービスサイトにおすすめです。
ウェブシステム開発

ご依頼に基づき、ECサイトの構築やウェブサービスの開発などのウェブシステムを設計・開発します。

しかし、

こんなお悩み・ご希望ございませんか?

海外の取引先に商品をうまく伝えられない

ウェブサイトの外国人訪問者を購買につなげられていない

ウェブサイトのリニューアルに際して、外国語サイトも用意したい

海外の消費者に向けたデジタルマーケティングを開始したい

特徴

ネイティブによる自然な翻訳

海外企業の日本語サイトを見て、「意味はわかるけどなんかおかしい。信用して大丈夫だろうか。」
そんな印象を持たれたことがあるのではないでしょうか。不正確な翻訳を見ると不信感を抱くのは、人の性質というもの。実は多くの外国人が、日本企業の多言語ウェブサイトに対して同様の違和感を感じています。
SUGEE翻訳では、これまで培ってきた海外人材ビジネス支援事業のネットワークを活かし、翻訳先言語のネイティブ翻訳者が翻訳・チェックを担当するため、誰に対しても自信を持って見てもらえる自然な表現の多言語ウェブサイトを制作することができます。

ウェブページ制作までワンストップで提供

言語を翻訳しても、言語によって適切なレイアウトは変化するため、日本語ページのデザインがそのまま活用できるとは限りません。そのため多言語ウェブサイトを構築するには、言語ごとに適したデザインの制作とそれに基づいたウェブページの構築が必要となります。
SUGEE翻訳では、豊富なパートナー・開発リソースを活かし、ウェブサイトの翻訳に加えて、多言語サイトページのデザインからウェブページ開発までをワンストップでご支援します。そのため内容も見栄えも自然な貴社多言語ウェブサイトを構築することができます。

きめ細やかなヒアリングとアフターフォロー

弊社の日本人スタッフが貴社のご要望をヒアリングし、既存ウェブサイトのリデザインを含め、ブランディング・マーケティング戦略の策定をコンサルティングします。また、多言語化した後も海外からの問合せに対して弊社の外国人スタッフ(英語・中国語・インドネシア語他)にカスタマーサポートをアウトソーシングいただくことも可能です。

SUGEEの強み

海外人材へのプロモーション実績

SUGEE Kansaiは、海外人材のビジネスサポートを目的とした関西地方のローカルサービスとして、英語での情報サイト運営や海外人材向けイベント・セミナーの運営、日本語・日本文化紹介動画チャンネルなど、多様なメディアでの海外人材支援に努めてきました。そのサービス制作や情報発信のノウハウを活かし、貴社の多言語サイト制作を海外部門の成功に繋げます。

海外デザイナーによるウェブデザイン

多言語ウェブサイト制作において重要なポイントとなるのがデザインです。言語に合わせてデザインを制作するだけではなく、その国の文化背景に則った受け入れられやすいデザインを設計する必要があります。
SUGEEでは、海外デジタル人材との豊富なコネクションを活かし、海外のデザイナーによる自然なデザイン作成をご提供致します。

(写真はSUGEE海外デザインチームのリーダー、Imam Prabowo)

「ウェブサイト多言語化サービス」

翻訳にサイト制作、公開後の顧客対応まで

貴社のウェブサイトの多言語化をワンストップでご支援

多言語ウェブサイトの”活用”体制が整います。

制作実例

サービス・LP多言語化

freeeアプリストア多言語化対応アプリ「Neracha.kan」

言語:英語、中国語、インドネシア語

会計freeeアプリストアの多言語対応アプリです。このようなウェブサービス・アプリケーションの多言語化対応も承っております。また、遷移先のページのような多言語ランディングページも作成可能です。

サービス・LP多言語化

デジタル人材プラットフォーム「Jobwher」

言語:英語

国境を超えたデジタル人材と開発プロジェクトオーナーの協働を支援するウェブプラットフォームサービスです。このような大規模なウェブサービスの多言語化対応もお任せください。

お問い合わせ

ウェブサイト多言語化のご依頼は以下のフォームからお問い合わせください。

お問い合わせ内容(必須)